2016年11月27日日曜日

東大駒場キャンパスの第67回「駒場祭」に行ってみた

東京大学駒場キャンパスで開催される「駒場祭」に行ってみました。

駒場キャンパスの門を入ると、そこは人人人で多くの来場者で賑わっています。

第67回駒場祭



今年は、11月25日(金)~27日(日)の3日間開催され、例年10万人超の来場者が訪れる、全国屈指の規模を誇る学園祭です。

東京大学鉄道研究会


↑1号館の118教室で展示

3日間で10万人超は、同じように3日間開催されるInterBEEの約3倍とは、、、驚きですね。

ちなみに、日本一の学園祭は早稲田大学の「早稲田祭」、来場者数は例年約15万人という規模の学園祭で、CEATECの来場者数を凌いでいます。

第67回駒場祭のパンフレット


↑パンフレットもシッカリしています。

また、東京大学の学園祭は、本郷・弥生キャンパスで5月に開催される「五月祭」もあり、昨年は2日間で14万9000人とのことです。

これまたスゴい来場者数で、、、このような規模のイベントを仕切る実行委員の方々達は、素晴らしい能力で感服します。きっと将来は、大規模イベントを担う電通や博報堂などへの道も、開けるのかもしれませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ