2016年12月18日日曜日

深大寺の裏にある蕎麦屋「松葉茶屋」

神代植物公園でのランチは、深大寺の裏にあり、神代植物公園の深大寺門の近くにある蕎麦屋「松葉茶屋」で食べることに。

松葉茶屋



すぐ隣に、そば処「玉乃屋」もあります。

神代植物公園は、入園券(大人500円)を購入すれば、一日何度でも再入園ができます。

さて、蕎麦屋「松葉茶屋」ですが、店内と店外があり、店外は薪を焚べて暖を取ることができます。さすがに12月の冬ですので、店内でゆっくりと食べることにしました。

店内の壁には芸能人のサイン



店内の壁には、平泉成さんや向井理さんのサインが飾られています。

「もり大盛り(750円+200円)」と「冷したぬき(850円)」を注文、冬ではありますが、蕎麦は冷たいのが好きです。

もり大盛り(750円+200円)



冷したぬき(850円)



薄い緑色がかった蕎麦に香りが漂い、シッカリとしたコシで、とても美味しかったです。個人的には、これまで食べてきた深大寺蕎麦のベスト3に入ります。

店内にはコナラの古木



ちなみに、店内には、高さ30m周囲3.6mを超えるコナラの古木(樹齢約300年)が、祀られて?(残されて)います。

ブログランキング・にほんブログ村へ