2017年5月29日月曜日

まつかげばし(松影橋)周辺の玉川上水

1653年に造られた水道「玉川上水」、1948年に太宰治が入水したのも「玉川上水」です。

その「玉川上水」ですが、周囲の住民にとってみれば、かつての「人喰い川」と呼ばれていたイメージはなく、自然豊かな癒やしの散歩道となっています。

まつかげばし(松影橋)



「まつかげばし(松影橋)」周辺の風景ですが、鬱蒼とした山の中って感じです。都内も、人が特に手をかけなければ、こんな感じになるんですね。

鬱蒼とした玉川上水



ちなみに、「玉川上水」に架かる橋は100以上あり、正確な数が分かりません。。。

ネットでも調べきれませんでしたので、知っている方がいましたら教えてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ