2017年12月4日月曜日

「皇居乾通り」一般公開に初めて参加

皇居に乾通りが一般公開されていることを、NHKのニュースで知り、さっそく日曜日の休日に行ってみました。

なかなか入ることのできない皇居、雲一つない晴天の休日ということもあり、多くの来場者が来ていました。

皇居に入る前に持ち物の検査があって、10分ほど列んで入ることに。

坂下門



やっぱり皇居はスゴイですね。なんか空気というか雰囲気が違い、パリッと身が引き締まる感じがしました。

乾通り



当然ながら、木々などはシッカリと手入れされており、皇居の維持管理にどれくらのコストが必要なのかな?と調べてみたら、、、平成29年度の皇居等施設整備費は約23億円でした。

富士見多聞


多聞とは、城郭の石垣上に建てられた長屋で、城壁よりも強固な防御施設。江戸時代の江戸城本丸には、このような多聞が、各所に築かれていましたが、現存するのは、この富士見多聞だけ。かつては、この富士見多聞から、実際に富士山を望むことができたとのこと。

ちなみに、今年(平成29年)の実施期間は、12月2日(土)から12月10日(日)の9日間で、平成27年秋季から,毎年春季の桜の時期と秋季の紅葉の時期に実施しているようです。

乾濠



ただし、樹木更新工事のためなどにより、一般公開を実施されない時期もあったみたいですので、行ける時に行くことをオススメします。

ブログランキング・にほんブログ村へ