2017年2月18日土曜日

ラーメン店にAI(人口知能)ラーメン?

本日(2017/02/17)のWBS(ワールドビジネスサテライト)で、AI(人口知能)の活用したAIタクシー、AIラーメンについて特集していました。

AIラーメンでは、このブログにも掲載した「鶏ポタ ラーメン THANK」のAIロボット「ソータ君」が取材されていました。

AIロボット「ソータ君」



てっきり、お客の好みの味を瞬時にAI分析して、個々に合った超絶美味いラーメンを作るのかと思ったら、、、

客の顔を認識し、来店時間・年齢・性別・注文した商品のデータもとに、客に合わせた接客をしてくれるようです。

相内優香アナが取材



相内優香アナも満足


↑ラーメンスープをご飯にかける食べ方を、AIロボット「ソータ君」が紹介

ただ、近い未来には、客に合わせた個々のラーメンを作れるのかなと思います。

ちなみに、「ソータ君」は、2月23日までの期間限定での接客です。また、「鶏ポタ ラーメン THANK」のラーメンは、AIに頼らなくても美味しいので、オススメです。

《追記(2017年2月19日)》

ITmediaにも紹介されていました。

マイクロソフトのAI機能「Cognitive Services」と、ヘッドウォータースが提供するクラウドロボティクスサービス「SynApps」を統合しているようです。

初期費用不要の「月額3万円からのサブスクプションモデル」となっています。

月額3万円からのAIロボット



AIロボットは、顧客の顔を認識したり、自然言語で会話することで接客したりと、収集した顧客データの分析や売り上げ向上に向けた提案などを行えるほか、接客のトータルコストを5分の1程度にまで削減できるらしいです。

接客コストの5分の1削減は魅力的です。近い将来は、AIロボットによる接客が、当たり前の時代になるかもしれませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ